コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 言葉のギフトを受け取る
 

言葉のギフトを受け取る

2017/03/05 言葉のギフトを受け取る
今日も穏やかなお天気の京都でした

最近のブームはブルボンの「チョコ柿種&チーズ柿種」です

大抵写真のように両方お皿に盛って、食べ比べるのですが、どちらも甲乙つけ難い美味しさです

今日も珈琲に、お菓子つまみながらの投稿でございます笑


本日は2件、コーチングセッションがありました

そこで、クライアントさんの例からシェアさせていただきます


すごくいい感じに変化されてきているクライアントさんなのですが、セッションの中で「最近いろんな見知らぬ方に話しかけられるようになった」とお話しくださって、コインランドリーに行ったときのことをお話しくださったんですね


同じ年代くらいの方が、いらっしゃって、「TVつけてもいいですか」と聞かれたそうで、「どうぞどうぞ」と話したら、その後TVを付けてチャンネル操作をしたそうですが、観たい番組がなかったらしく、リモコンを置いた後に、クライアントさんに「綺麗に畳んでますね」と仰ったそうなんです

その時に、「あ〜、、いや〜、、」と言葉に詰まったところに別に方が来られてお話が続かなかった、とのことなんです

「いろんな方とコミュニケーションしたり、関わりたい」と仰ってる方なので、コミュニケーションについてお話ししました


「なにか褒められた時は、「ありがとうございます」と笑顔で一言言ってあげるだけで、その方のお気持ちを受け取ったことになりますよ〜」と。。。

「ありがとう」は、【そう言っていただいた「貴方」に対する感謝】なんですね

決して、「綺麗に畳んでいること」を認めて、自慢することではないんですよね

あくまで、「わたしのことをそう思って、言葉を伝えてくれてありがとう」なんですよね


「綺麗に畳んでますね」と言っていただいて「いえいえそんなことないです」っていうのは、せっかく褒めてくれた相手に対して「そう考えてるあなたは間違いですよ」と否定することにもなってしまいます

なので、もし、そこまで綺麗に畳めてはいないよなーと自分で思うのでしたら、一旦「ありがとうございます〜」と伝えてくださったことに感謝の気持ちを伝えてから「でも、お褒めいただくほどそんなに上手じゃないんですよ〜笑」なーんて本音で語ればいいと思うんですね

褒められた内容と言ってくれた相手とシチュエーションにもよるとは思いますが、ありがとう、と言われて悪い気がする人はいないと思います


言葉のギフトを受け取ることも、相手に取っての立派なお返しだと思います

たまに、何かしてあげたり、言葉をかけてあげた時に、御礼の一言もない場合も多々あるのですが、そういう場合にわたしは「自分がしたいからしたのだ」という確認をし「御礼の言葉という見返りを求めないようにしよう」と思い直してます

「ありがとう」と言って欲しいからするのは「依存」に他ならないと思うのです


あー書き終えるまでに二袋全部食べちゃいました!笑

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み