コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 親切の押し売りの対処法
 

親切の押し売りの対処法

2017/03/01 親切の押し売りの対処法
【photo:姉の家の薔薇です】

今日は朝晴れたので洗濯機を回したのです

しかも先日息子が使ったシーツやタオルケットなど大物です

晴れてて、ずっと家にいる日・・とタイミングを見計らったつもりだったのですが、、、洗濯したのを忘れて、洗濯機に入れたまま・・・

気付いたのが夕方たっだんです。。

しくじりました。。夕方から雨が降ってきたのですが、仕方なく外に干してます

明日は乾きますように〜


さて今日は二つ目のブログ記事です

わたしが昔、よくやってしまっていたことでもあります・・

いわゆる、「ありがた迷惑」ってやつですね

頼まれてもいないのに、お節介にしてあげて、してあげた側は、さもいいことをしたような気でいるのですが、された側からしたらちょいと迷惑だったりして、でも、してくれた側が親切な思いでしてくれたんだろうと思うと、言うのもはばかられるという・・結構迷惑なアレです笑

例えば、わたしが今まで経験したことで言えば、

学校で全員が教室から取ってくる物があった場合に、取ってきてくれたのはありがたいけど、自分のタイミングで取ってきたかった、とか・・

お義母さんが洋服を買ってきてくれるのはいいけど、好みに合わなくて、着ないと嫌な顔されるし、困ったって場合・・

または「あげることはいいこと」と思ってる人が、大量に野菜をくれたりして、これどうやって食べきるのよ、みたいな・・

そんなことって、日常の中で意外と多いですね


原因は、してくれる側にいろいろあるかもしれません

他者尊重ができていない、自分の物差しで測っている(思い込み)、承認欲求、コミュニケーションの欠如、など・・あるかもしれません


自分の中で「いいこと」と決めつけていることは、相手にとっては「いいこと」でもないかもしれません

また相手にも嗜好がありますし、選択の自由がありますので、やってあげること自体が相手の自由意思を侵害し、境界線を越えているかもしれません

自分をこんなに良い人と認めてほしい、もっと関わりたい孤独感が、余計なおせっかいになっているかもしれません


してくれる相手が、そのようなことまで気が付かないのでやっているのでしょうから、やはり、された側としてなんらかの意思表示をする必要があります

意思表示をしないと、ますます、自分はいいことをしている、と勘違いに拍車がかかります

なぜ感謝してこないのか?と逆に責められかねません



そんな時の対処法は、感情を交えずに、かつ、感謝の言葉をいれながら、自分の気持ちを伝えること、です

「お気持ち有難うございます。でも、今は自分でやれるので大丈夫です。またお願いしたいときにお伝えしますね」とか

「ありがとうございます」「助かります」など相手の気持ちを配慮した上で、自分の思っていること、したいことを、感情をいれずに(できれば笑顔で)伝えると、うまくいきます

「え〜せっかくやってあげてるのに〜」とか「この方が絶対いいのに」と言われてもそこには反応しないことですね

ポイントは、感謝すべきポイントと、そうでないところを明確にして伝えることです

一応は自分のことを思ってしてくれたことに対しては感謝は伝えてるので、それ以上、有難いとも思ってもないことで、感謝を伝える必要もありません

ありがた迷惑をされた側、伝える側の方は、感情のコントロールが必要になってきますが、最初はぎこちなくても、徐々に慣れてきます

何事も、やってみることでしか、うまくなってはいかないのですよね

コミュニケーションは、トライしていくことで、確実に上手くなっていくものだと思いますよ〜

悩んでいる方がいらっしゃいましたら、ぜひやってみてくださいね

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み