コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. いつから始めても遅いなんてことはありません!
 

いつから始めても遅いなんてことはありません!

2017/02/16 いつから始めても遅いなんてことはありません!
【photo:いつか新幹線車内で撮った富士山】

今日は暖かかったですね

いつもより、少し遠くまで自転車を走らせました

わたしは寒がりなので、虫と同じです

寒い日はうずくまっていて、暖かくなると活発に動きます笑


さて、今の時代、平均寿命が約80歳ですから、サラリーマンで退職したとしても残り約20年間は生きていくわけですね

最近の方はお若い方も多くて、まだまだ現役でやっていてほしいと思う方も多いです


皆さんは、老後は、どう過ごしていくか、考えていらっしゃいますか?

まだまだそんな歳じゃないから、考えられない、って方もいらっしゃるかもしれませんね

目前だけど、どうしよう、何も考えていない。。と思ってらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません


最近になって知ったのですが、71歳の時に初めてカメラを持ち、88歳で自撮りしてる女性のカメラマンの方がいらっしゃるんです

その方は西本喜美子さんと仰る方なのですが、そのセルフポートレートは自虐ともいえるような、ゴミ袋に入ったおばあさんの姿だったり、洗濯物と一緒に干されていたり、車に牽かれそうになっているところとか、、、
「これがほんとうに自撮りなの?」と思えるような出来栄えです

ご主人が入院中には、暇なので、首をつってるところを自撮りしたそうです。。。 

そこまでいくと「すごい」の一言ですね

この方の発想力と行動力は並大抵ではないかもしれませんが、それでも、いくつになっても、本気でやりたいことがあれば、遅いということはなく、誰でもできるんだ、と身を持って示してくれてますね



81歳のシニアマラソンランナーの中野陽子さんは、70歳からマラソンを始めていったそうです

中野さんはこのようにお話しされています

「あんまり苦しくない程度に徐々にやり始めればいいんです。
マラソン自体ではなくて、楽しい目的を何でもいいから見つけることです。
必ずしもマラソンをやらなきゃと思わなくていい、何でもいいから、楽しいと思うこと。じゃないと続けられないですからね。」

「楽しい目的」大事ですね〜〜

いつでも自分が始めようと思ったらなんでも始められます



登山家の三浦雄一郎さんも「老いは怖くない、目標を失うのが怖い」と仰っています

三浦さんも、すごいですね〜

調子のよいときは、片足に5キロずつ重りをつけて、背中には20キロ背負って街を歩いているそうです

朝からステーキを食べてらっしゃるそうですから、内臓も丈夫なのでしょう

日々の訓練の賜物ですね



わたしは、と言えば、生涯現役でコーチとフェルトアーティストを両立してやっていきたいと考えてます

わたしは誰かのお役にたてることがとても好きなので、お役に立ててる実感を持ち続けながら、たまには旅行をしたり、欲しいものを買ったりしながら、現役で働いて、いつまでも気持ちは若くいたいなって思ってます

そうは言っても、いつどこでどうなるかなんて誰もわかりませんからね

いつ死んでも、悔いのないように、日々を生きていきたいなとは常々思っています

いくつになっても、夢を持って、やりたいことをやっていけたら、素敵だな〜と思います


目標とはいっても、、自分が何がやりたいんだろう?何もできない気がする、と思ってらっしゃる方、いらっしゃいませんか?

自分が「これだ!」と言えるものがわかって、目的を持って、生きる目標を持てたら、自然とイキイキしてきます


生きていけば、人は必ず老いを迎えます

その時になってから、どうしよう、では遅いのです

今のうちから、ご自分を見つめていってみませんか?

気付くのが早ければ早いほど、残りの人生を豊かに、イキイキと楽しく過ごせていけますよ!

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み