コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 「当たり前」ってなあに?
 

「当たり前」ってなあに?

2017/02/07 「当たり前」ってなあに?
【Photo:2016年11月の圓光寺の一コマ】


いきなりですみませんが、わたしは「当たり前じゃないの」っていう言葉が嫌いなんですね

先日、TVを見てまして、それは確か、ホウレンソウを嫌いなお子さんが、ホウレンソウをこだわって作ってる農家さんのところに行って、ホウレンソウを美味しいと思って、食べれるようになる、みたいな内容だったかと思います

その中で、わたしが引っ掛かったのは、その農家さんが栽培方法かなにかの説明の時に、タレントさんに対し、「硝酸態窒素ですよ?当たり前じゃないですか、硝酸態窒素を知らんと生きてきたんですか」みたいなことを仰ったわけです

硝酸態窒素・・・

皆さん知っていらっしゃいますか?

知っている方ももちろんいらっしゃるでしょうが、わたしは

「へ?んなもん知らんがな。生産者が知ってる「当たり前」を押し付けとる」

と感じて、見ていて、少し不快でした


当たり前ってなんですかね?

一般的には「普通のこと」、「共通認識のこと」、「常識の範囲内のこと」、そんな感じでしょうか?

でも、「当たり前」なんて、その人それぞれ、全く異なるわけですよね

生きてくる過程の中での経験なども皆違うし、みんな価値観が違うから受け止め方も違うわけです

似たような考えをしていたとしても、微妙な違いでいったら、それこそ千差万別、十人十色じゃないでしょうか?

他人に使うときの「当たり前でしょ」っていう言葉は、使い勝手のいい言葉ですが、どうも相手を自分の世界の正しさにあてはめてるような気がするんですよね


コミュニケーションは、「わかってるつもり」「伝わってるはず」からだいたい認識のズレやすれ違いが生じてきます

「これって当たり前だよね?」

「これ言わなくてもわかるでしょ?」

いえいえ、すみませんが、そう言いたくなるのも分からなくはないですが、「当たり前」は人によって見事に違うから、伝える必要があるわけです

それを、「これは当然分かるはず」「当たり前」と決めつけて、自分の考えや感覚は、誰にでもあてはまるだろうと思ってしまうことから、すれ違っていきます。。。


人はみーーんな違うのです

そのことが、心から理解できたとき、「当たり前」は存在しない、と、慢心しないで伝えることが大事、ということが分かってくると思います

伝えなかったことこそに、穴があったから、漏れて、問題が発生したのだと、気付くことが出来ます


倦怠期の夫婦でも、仲の悪い上司、部下でも、細やかなことまで伝えあう、ということが出来た時、関係性は改善されてきます

人間関係においては、「伝えるのを諦めてしまった時」に、上手くいかなくなって、膠着状態になります。。

感情にのまれてしまって、伝えあうという努力をしたくなくなるんですよね笑

感情をコントロールできるようになった時、感情を少し自分から離して、ひとまず置いといて、「どうしたらいいか?」と物事を客観的に考えられるようになります

そうなると、あとは、どう伝えるか、と、相手との距離の取り方、タイミングの図り方、だけになってきます


マスターオブセルフコーチングでは、感情のコントロールが出来るようになり、伝え方、コミュニケーションの取り方も、身についてきます

絶対この人とは上手くいかない(上手くいきたくもない)、と思ってた方とも、そうやって、雪解けを迎えられんです。。。(^^)

あ〜よかった〜。。って固まってた気持ちが解れて、気持ちが楽〜になりますよ〜〜




お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み