コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 変えられるものと、変えられないもの
 

変えられるものと、変えられないもの

2017/02/03 変えられるものと、変えられないもの
息子からたまに電話が来て、愚痴を聞いたりしています

最近は、ほぼほぼ彼女との喧嘩のことや、彼女へのストレス、愚痴を、わたしに言ってきます。。。笑

母のわたしが聴いてあげることで、息子が気が済むのなら、と思って、いつも聴いています


だいたい、そうですね、聴いていると、「自分の決めつけ」だったり「人にこうあってほしいと押し付け」たり、自己正当化することで、対立したりしてしまっていますね

なにか自分の見えたところで決めつけて断定的に言ってしまうと、相手は「そうじゃない」と反発してしまいますし、いろんな見方があって、いろんな考えがありますから、言われた方は息苦しくなってしまいますね

押し付けも、結局「自分が相手がそうなってほしい理想形」を相手に求めるのですから、実際の自分を見てくれて認めてもらえていない、という切ない気持ちになりますからね


無意識に、多くの方が、人を変えようとしてしまうのですが、人は、他人から言われても変わりません

変わる時は「その人が自分の中でその考え方を受け入れた時」だけなのです

自分の考えとしてそうしよう、と選択しているだけなのです


変えられるものと変えられないものとを、見極めることが大切だと思います


他人は変えられないんです

変えられるのは自分のみ、です


自分の考え方、感情の処理の仕方、コミュニケーションのあり方を変えた時、驚くほど接する人の対応が変わります

イライラや、怒りを感じた時、そのもっと先の感情に気付いて、それを伝えることが、本音で語り合うことなんですよね

「どうしてこうしてくれないの・・・?!」「なんでこうなの・・・!!」と責めるのではなくて

「わたしは寂しい」「こうされると悲しい」「こうしてくれたら嬉しい」ということを伝えた時・・・ 人の心は動かされるものですよね



息子にも、
「人を責めることは簡単だけど、自分がどうすればよかったか、考えるチャンスなんだよ」
「彼女は自分の出来てないことを気付かせてくれる有難い学びの存在なんだよ」ということを話しました

いろんな経験があって、いろんなことを感じながら、こうして、大人になっていくのですね

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み