コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
  1. 菅原 由貴

菅原 由貴

セルフコーチングがわたしの人生を変えました

菅原 由貴

このHPに目を留めていただいてありがとうございます。

 

わたしは38歳の時、このコーチングと出会い、人生が一変しました。

人生の0ポイント、スタート地点に立ったと感じました

出逢いの質が変わり、起こる出来事、現実が全て変わりました。

コーチングを受ける前のわたしには、全く信じられないことです。

 

いま、わたしは、ただいるだけで、幸せを感じます。

自信がなく、依存的で、人間関係が苦手で、人生、このままでいいのか、このままだと後悔する、と思っていた自分・・・

そんなわたしが大きく変化した実感を持っていますので、自信を持ってこのコーチングをおススメできます。

 

巷には、沢山のコーチやセラピストが輩出され、溢れだしています。

そのような状況の中、本物のコーチングに出会えた貴方は、とてもラッキーだと思います。

わたし自身、このコーチングに出会えて、とてもラッキーだったと思っているからです。

人間の成長段階に即したこのコーチングシステムは、必ずあなたのご期待に沿い、いや、望めば望むほど、期待以上の結果を伴うものであると、私は確信しております。

 

人生を変えたい。。

願いを叶えたい。。

自信を持ちたい。。

人間関係をうまくいかせたい。。

仕事が長続きしない。。

営業成績を上げたい。。

 

どんなお悩みでも、コーチングで解決できます!

まずは無料体験コーチングをお試しいただき、変われる実感を、ぜひ味わってください。

 

マスターオブセルフコーチング コーチ  菅原 由貴

出身地

宮城県石巻市 

バースデイ2月12日
血液型限りなくOに近いA型です
資格

MSCコーチ

趣味九星気学風水の吉方取り
これは自慢だ器用なタイプです。物を作ることが得意です。
休日の過ごし方カフェでお茶してます。


菅原 由貴 
Yuki Sugawara

prefe M主宰

MSCコーチ
フェルトアーティスト

 

幼い頃は対人恐怖症でした

1972年2月12日、宮城県石巻市に生まれました。

 

もともとは、とてもおとなしくて人見知りが強く、特に眼鏡の方と男性が苦手で押入れの中に隠れているような子供でした。

 

私が4つの時に父が狭心症の発作で倒れ、還らぬ人となり、母が収入を得ないといけない状況となり、三人兄弟の兄と姉は既に小学校に入っていたため、内気な私は、家での一人遊びが多くなりました。

 

母は病弱で、わたしが幼い頃から入退院を繰り返してました。

そんなこともあって、幼いわたしは、親の愛情が一番必要な時に愛情に飢えていたのだと思います。

 

いつも不安で、心に風穴があるかのような心境でした。

 

それでも、幼いながらに状況を理解しようとしていましたので、わたしが甘えたりわがままを言ってはいけない、と、いつも我慢をしていました。

そうして、自分自身を抑圧した人間になっていきました。

 

人とのコミュニケーションが上手くできない子で、道ですれ違う人と顔も見れないし、どきどきして意味もなく道の反対方向に移動したり、人が怖いので、なるべく人との接触を避けようとしていました。

 

 

自分で自分を、変えて、変えて、変えてきました

そんなどきどきして不安な自分が嫌でしたので、クラス替えごとに自分で自分を演じたりして、変えようとしてきました。

 

特定の友達はできるものの、他の友達が作れないし、人の輪に入っていくことができないので、特定の友達に依存し、べったりで、仲の良かった友達も息苦しくなるのか、最後には離れていくことが多かったです。

 

自分はなんでこうなのだろう、何故人の輪に入れないのだろう、何故人とうまくいかないのだろうと思ってもわかりませんでしたし、そんな自分自身がとても嫌いでした。

 

幸せそうにしている人を見ても「なにが楽しくて笑ってんだよ?」 と思って、楽しそうな人が嫌いでしたし、「何故女の子だからって、笑顔でいなければいけないの?」と思ったりもしていました。

 

荒んだこころで斜に構えて人や世の中を見ていた自分は、ほんとうに心がブスだったと思います。

 

 

自分で自分を変えることへの限界を感じる

学校の成績はそこそこよかったのです。

満点をとって褒められることも多々ありました。

 

そろばんや書道を習っていたので賞を取ったりしたことも多数ありました。

そろばんでは、塾代表の選手となり、毎日毎日そろばんの練習の日々で、国内の大会に多数出場し、除暗算(割り算の暗算)で日本一になったこともあります。

 

兄弟3人とも、そろばんを習っていて塾の選手だったため、私の中では特別すごいことと思ったことはありませんでした。

母も、賞を取って、トロフィーや盾をもらってきても、「よかったね」とは言ってはくれますが、 すごく褒められたこともありませんでした。

 

自分の中では当たり前のこと、となっていたからか、いつまでたっても自信というものが全くありませんでした。



決定的だったのが中学の時の母の一言「家は由貴を大学に行かせてあげられないからね」と言われたこと。

 

この一言で、わたしは「あぁそうか。わたしは大学に進学できないんだ」と思い込みました。

 

将来の選択肢がない気がして【がつーーーーん】ときました。

 

なにが自分に合っていて、自分がなにがやりたいかもわからなかったわたしは 「公務員が一番安定していいんだから」という周りの言葉に流され、試験を受け、運よく合格し、公務員になりました。

 

ところが、入庁して3日目で、「これはわたしには合わない」と早くも気がついてしまいました。

 

いつか辞めよう、辞めようと思いながらも、流されるように、過ごしていきました。

 

そして21歳で結婚、23歳で出産、25歳で離婚まで経験しました。

 

幼い子供を抱えながら離婚して、安定した仕事に就いていられる有難みを感じながらも、辞めたくても辞められなくなった現実。。。

 

「いつか子供が大きくなったら、自分のやりたいことをやって生きよう」そう思いました。

 

大人になってからも、人付き合いがやっぱり苦手で、自分を、変えて、変えて、変えて、と、セミナーを受けたり、自己啓発本など読んだり、自信があるように見せたり、自分を変える努力をしてきました。

 

「自分が本当にしたい仕事は何か」わからないし、「自分はこれでやっていく!」という自信が全くなく・・・

 

おしゃれをして綺麗にしていないと、人として認められないと「無意識で」思っていたので、ファッションなどの買い物に依存していたりもしました。

 

買ったときは気分が上がるけど、目新しくなくなればまた欲しくなり、買うことの繰り返し・・・

 

自信をつけたくて頑張っても、どうあがいても、内側からの揺るがない自信は得られませんでした。

 


コーチングと出会い、人生が変わりました

ある時、「どうしてもこのままでは終われない」「自分をもっともっと変えたい」と思った私は、自分を変える手段がなにかないものかとあれこれ探していて、インターネットでこのマスターオブセルフコーチング(当時は「ミッションライフコーチング」という名称でした)と出会いました。

 

ほんとうに自分が変われるのか?

自信が持てるようになるのだろうか?

どんな効果があって、どのように変化できるのか?

 

ほぼ半信半疑でしたが、担当の神谷コーチの「間違いなく変わります!」のお言葉を信じて、約一年間受講しました。

 

当時のわたしには高額でしたが、実は職場のローンを組んでまでして受けました。

 

いまとなっては確実な自己投資と知っていますが、当時は賭けに近かったです。

 

神谷コーチは親身になって寄り添ってくださいました。

 

自分と向き合う作業は、正直しんどい時もありました。でも、どんな時も相談できるコーチがいて、いつでも見ていて見守っていてくださる安心感は何物にも代えられない安堵感でした。

 

階段を着実に一歩一歩上がるように変化していき、なにか、山登りするときに見える景色が見晴らしがよくなるように、人の心理や心というもの、世の中の仕組みがよく理解ができるようになりました。

 

自分を知る、ということが、人間心理の理解に繋がって、他者の心理も理解できるようになるのだ、と心の底から実感しました。

 

「みんなみんな、唯一無二の、どこにもない自分で、みんなみんな違っているけど、違っていて当然だし、違っていることが素晴らしいんだ・・・!」 

「みんな思った通りにしか動かないんだ・・・!思った通りに生きているんだ・・・!」

 

人間の本質的な部分まで理解が出来たのです。

 

最後、アドバンスコースで、ミッション、ビジョン、価値観が仕上がる頃には第六感的な感覚も目覚めていきました。

 

いま生きている、ということを、リアルに肌で実感し、見るもの聴くもの、色鮮やかに見え、鮮明に聴こえ、なんだか生まれ変わったように感じました。

 

自分の人生の0ポイントに立ったかのようでした。

 

こころ、というものが理解でき、安定していると、こんなに生きやすくなるのか、と思いました。

 

その後は、面白いくらいに出逢いの質が変わり、起こる出来事が変わり、月日が経つごとに人生のベクトルの角度が明らかに変わったのを実感しました。

 

「こんな素晴らしいコーチングを沢山の方に知っていただきたい!!」

「本当の幸せを感じられる方が増えたら、世の中よくなるに違いない」

「沢山の方に幸せを感じて生きていってほしい!」

 

そう心から思い、ライフコーチになりたい、と思うようになりました。

 

わたしはマスターオブセルフコーチングで、完全に生まれ変わったのです。

役所を退職し、新たなステージへ

その後2011年3月11日、仙台の職場にて、東日本大震災も経験しました。

 

わたしは県庁の地下に居たのですが、恐ろしい地鳴りを聞き、もう、この世の終わり、と思うほどの激しい揺れを経験しました。

 

若林区や閖上の津波の映像を県庁で見て、職場の一同、開いた口が塞がらないとはこのことで、恐ろしくて涙が流れました。

 

身近に、家や財産を失った方や、津波で亡くなった家族を持つ友人知人も沢山接してみて、「人間はいつ死ぬかわからない」「やりたいことをやらない人生なんて、なんの意味がある?」と心の底から思うようになりました。

 

石巻の実家は全壊でした。母は朝から動悸がして、奇跡的に石巻赤十字病院に行っていて難を逃れました。

 

実家は2メートル30センチくらいのところまで波が来たようで、わたしが震災後初めて行ったときには波の線がきっちり跡が残っていました。直後姉から送られてきた写真では、よその御宅の自動車が2台くらい、家に突っ込んでいるような状態で、兎に角ガラクタが押し寄せてきて止まってる感じでした。ありえない画でした。

 

実家はその後取り壊し、石巻市から移転しました。

 

近所の御宅では沢山の死者が出ましたので、家の母は本当に幸運でした。家に居たら、間違いなく亡くなっていました。

 

わたし自身は津波の被害もなかったし、震災に遭ったといっても、他の甚大な被害に遭われた方々より、全然たいしたことがなかったのですが、それでも、震災直後は食べるものもなくなり、水もなくなり、電気もつかず、お風呂にも入れない日々を数日間過ごしました。

 

生きているだけで、幸せなんだ、お風呂に入れることがどんなに幸せなことだったか、ということを、震災の経験から痛感しました。 



 

その後、やりたいことが何なのかわからなかったわたしが、素晴らしい出会いから知り合った人生の師とも呼べるある方からの一言で、独学で羊毛フェルトをすることになりました。

どんどん腕前が上がって、他人から欲しがられるようになりました。

ただ、役所を辞めて、これを仕事にしていっても、うまくいくとはとても思えず、どうしたらいいのかな〜と、ずっとふわ〜っと思っていました。





ある秋の日、ふと、「いまとても流れが良い」と感じました。

直感的に何かを察知しました。

 

考えてみたら、異動時期だったり、勤続25年目だったり、辞めるに当たっていろんなタイミングも揃っていました。

 

退職に向けて動き出すと、不思議なくらいに退職を後押しするような出来事が、どんどん出てきました。

 

その半年後の3月に、わたしは25年勤めた役所を退職し、長年暮らした仙台から、誰一人として知り合いもいない京都に単身移住しました。

 

そして一年間染織のスクールに通い、それと同時にマスターオブセルフコーチングの養成講座を受講しました。

 

講座受講途中から、クライアントさんが付き始め、お一人、またお一人と、クライアントさんが増え続けております。

 

自分の人生を、自分が舵を切って生きている実感、自由に、自分のしたいことで、したいように生きていることが出来ていること自体がとても幸せです。



いま、思うこと

わたしは辛かったこの半世紀は、多くの方のために役立っていくために経験したのだろうと理解しています。

 

わたしが道なき道を行くことで、同じように自立して生きたいと思っている方の、歩んでいく一つの道標になるかと思います。

 

特に不満でもないけれど、なにか幸せの実感が得られない・・

 

自分の人生はこのままでいいのだろうか?と考えてしまう・・・

 

毎日が充実感もなく無為に過ぎていってしまう・・・等

 

ふつふつと悩んでらっしゃる方のお気持ちはわたしも同じでしたので、よくわかります。

 

 

あなたのお悩みをわたしにお聞かせくださいませんか?

 

ホッとして、安心感に包まれる感覚、自然に、心が変化して、行動したくなる感覚を、ぜひ味わってほしいと思っています。

 

自分らしい人生を歩める方が増え、個人レベルで幸せな方が増えたら、世の中は確実によくなっていくだろう、とわたしは本気で考えていますし、世の中がよくなっていくにはそれしかないだろう、とさえ思っています。




菅原由貴のミッション・ビジョン・人間の使命

ライフミッション

五感で楽しさを味わいながら、自分に素直に、正直に、彩りある人生を作るために、常に進化、自己成長し続け、目的、目標に向かって、確かに、一歩ずつ、前進していくことを喜びとする。

ソーシャルミッション

心の交流を通じて、理解し、共感し合い、優しさ、思いやりの心で、人のお役にたてることを素直に実行し、喜ばれた時、さらに心と心の触れ合いからパワーをもらい、繋がって、愛の輪を循環させ、無限に広げていくこと。

ビジョン

素直で、ありのままで、「これでいいんだ」と自分らしさを輝かせる人達を増やすお手伝いをし、共感し、理解しあえる人達と、助け合い、認め合い、成長し合い、繋がり合い、共存共栄で心豊かに、勇気と希望に溢れた、自立した世界を創ること。

人間の使命 

一人一人が自分の素晴らしさに気づき、進化、成長しながら、社会、地球、宇宙の一員として、自分の能力や個性を生かし、役立ち、愛を持って支え合いながら、共存共栄で地球を未来へと繋げること。

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み