コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 親も、一人の弱い人間、なんです
 

親も、一人の弱い人間、なんです

2017/12/05 親も、一人の弱い人間、なんです

昨日くらいから、母とのことを考えてました


それで、朝、TBSの「ビビット」で、野際洋子さんの生涯のドキュメンタリーを観ていて、さらに親子愛について考えていたら、久しぶりに母から電話があったので、少しこのタイミングに驚いて「やっぱり思いって繋がってるなー」と思いました


そして、色々話していたら、自分の父との関係について話してくれました


母はちょうど終戦頃の生まれですので、実父を戦争で亡くしているんですね


そして、実父が亡くなった後、実父の弟が、母の父になったわけなんですね


母は、「お父さんって思えなくてさ〜。甘えられなかったし、「お父さんだよ」って言われてもなんだかさっぱりそう思えなくてさ〜」って話してました


なるほどな〜と思いました



わたし自身は、4つで父を亡くしてまして、母が、働かざるを得なくなり、私達子供を育てるため、必死になって働いてくれたんですが、わたしが幼稚園頃とか、何度か入退院を繰り返してるんですね


それで、母が退院してきた時だったんですけど、「由貴ちゃん」って言われて「おいで」ってされた時に、実はわたしは「どうしたらいいんだろう」って反応にすごく困った、というそんなことが昔、あったんですね


お母さんとは頭では分かってるんだけど、抱きしめられたい、という感じもなくて、他人というわけでもないけど、甘えることもできない、って幼心に思ったんですよね・・


そのことは、これまでの人生、繰り返し繰り返し、思い出されること、なんです。。


だから、母に話を聴いて、母は、新しい父に対しても、わたしと同じように感じたんだろうな〜って想像できました



わたし自身はそのような幼少期を経て、自分でメンタルを立て直してやってきたものですから、今はもうクリアしています


母は母でいっぱいいっぱいだったのだろう、と理解していますし、母なりに愛情を注いでくれてるとは思います


ただ、他の方より愛情は薄いかなとは思っていますね


それは、母も同じように愛情を感じて育ったわけではないのでしょうから、仕方ないんだなといまは腑に落ちてます


なので、わたしは自分の息子に対しては、自分自身が寂しかった思いと同じような思いはさせたくないと思って、できるだけ愛情を注いであげようとしてきました


実際、息子は精神は安定して自信もある子に育ったので子育てとしてはまあまあよかった、とは思ってるんです


母とも別に確執があるわけでもなくって、今日の感じのように、何でも話したりはするんです


他の方がお母さんからしてもらってるようなことを聞いても、家とは違うから、と思って比較はしないようしてますね



こんな風に母と話せるようになったのは、わたしが8年前にコーチングを一年間受講してからです


お互いに、本心を話し合えるようになったんですね


そして、母の話を聴いて、わかってあげられるようになったんです



そうですね、伝えたいことは、その家庭、家庭で、いろいろありますよ


親子関係は、それぞれのストーリーがあるんですね


よそと比べても、仕方がないんですよね、意味がないことです




もし、なにか、過去の出来事で、繰り返し思い出されることがあったら、お母さんやお父さんともう一度そのことについて話してみたり、思いを感じ尽くしてみるといいですよ


コーチングでは、カリキュラムの中で、過去のことも、書いていただいてやっていくんですね


あまりに辛くて、考えることもできないようなことは、まだその時期ではないんですけどね


過去の出来事が、ひっかかっていて、現実面にも影響していることって、多かれ少なかれありますので、そういうところからやっていくと、ほんとうに内側から変わっていけるんですよね

 

 

 

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み