コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 過信の人も自信がない
 

過信の人も自信がない

2017/11/27 過信の人も自信がない
厚い雲が空を覆っている京都です

午後はお出かけなのですが、雨が降らないといいなと思っています


昨日か、熊本市の北口和皇市議のニュースを見ました

熊本市職員に対し、不当要求行為を行って、辞職勧告を4回も受けていたそうですね


わたしも以前役所に勤めていたので、わかるのですが、こういう議員がいると本当〜に迷惑なんですよね笑


自分の方が上、偉いのだ、となにか勘違いしてますし、職員からしたら不当だと思ってもなかなか反論しづらいので、弱い者いじめの構図になってしまいがちです


ですから、不当要求行為で辞職勧告を4回も受けるなんて、職員に対し、よほどひどい確証を得た事実をもっての勧告だったのだろうと推測されます



わたしはこれまで北口市議のことを知らなかったので、TVで初めて見たのは、市議会の特別委員会かなにかでした


そこでは質問されているにもかかわらず、1分間ほど無言で、発言しても小声になっていて、その後退席して会議室を出るときに、廊下で「お゛え〜」とえずいてる映像でした


なんやこれ〜?で、見てるだけで気分良くないので、これをTVで流すのもどうなんかな〜。。と、TV局の姿勢については疑問を持ちましたけどね。。


それは別問題としてとりあえずおいておくとして、この北口さん、完全に「過信の人」やな〜と思いました




あのえずきはおそらく、演技ではないんですよね


過信の人っていうのも、実は元々自信がないのです


自信のなさが大きく「過信」の方向に針が振れている状態です




パワハラをするような方っていうのは、要するに「負け犬の遠吠え」と同じです


弱い犬ほど吠えるのです


いかつい身体に鼻ピアスやいろんなものくっつけて、いかにも怖そうなファッションをする方も同じですね


自信がないからこそ、自分というものを強く見せよう、自分の存在を知らしめようとして、自己顕示欲が過剰に働いてしまうのです


ほんとうの自分は弱いから、自分自身を守るために、自分自身は本来強いはずだ!と過剰に自分を信じてしまって(=過信して)自分自身に分厚い殻を作って、自分の正当性を主張するんですね


だから、その殻が、一旦、世間の皆にバッシングされることで、壊れちゃったんだろうな、ってわたしは思いましたね〜


人を従わせることでしか、自分の存在を認められなかったのですから、ある意味可哀想な人なのです




過信の人を見ていると、幼少期など親から過保護に育てられた方が多いのかなって思います


過保護に育てられてしまうというのも、親から手を掛けられ過ぎの状態なので、自分の意思というものを抑えられてしまうので、自己表現が出来ない状態になるんだと思うんですね


そうなると、どこか自分というものを主張したい、と自己顕示欲が満たされていない状態になります


なので、過保護に育った子には、親からの愛情は受けている分「俺はすごいんだ」と過信し、満たされていない思い、自己顕示欲を満たすため、暴走族になったり、ヤンキーになって暴れたりする子が多いのかなって気がします


ヤンキーにならなくても大人になってパワハラをしたりとか、強く見せることでしか自分の存在を認められなくなってしまうのかなと思います


モンスターペアレンツなんかもまさにそうですね



世間でのニュースなど見ると、事件を起こした少年や大人には、幼少期の保護者の過干渉、過保護、または無関心、虐待、機能不全な家庭など、極端に育てられた背景があると思います


その子どもたちの未発達な精神は、また、育った先の学校・地域、職場などに大きく影響を受け、歪んだ人格というものが形成されてしまうんですね


ほんとうに親の子供への関わりがいかに重要か、ということを痛切に感じています



子供は自分とは違う、一人の人間です


親であっても、子供を思い通りにすることは出来ません

子育ては、親は子供に手を貸さず、見守ることが大事です

子供を信じるには、親がまず自分を信じることが出来ないと、信じることが出来ません

自分が親にされて嫌だったことはしない、と、気付いて、育てられたようには育てないと決め、自分の代で因縁を断ち切らないことには、親子間のこころの負の連鎖は、連綿と続いてしまうのでしょう


偉そうにして嫌われている、あの人も、この人も、実は育てられ方を間違えられた、かわいそうな人なだけなのです

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み