コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 言葉のギフト
 

言葉のギフト

2017/11/04 言葉のギフト
夜になったら寒くなりました

寒暖の差が激しいですね


先日「ザ・世界仰天ニュース」という番組を観ていました

ある女性の話でしたが、人から、「口が臭い」と言われたそうです

その時から、「自分の口は臭いんだ」と思い込んでしまって、お話する時も、笑う時も、手で口を覆い、マスクしている人も少なかった時代に、常にずっとマスクをしていたそうです

そして、ある時、意を決して病院に行って調べたところ、「全く臭くもないし何一つ問題もない」と言われたそうなんですね

ずっと10何年も思い続けていたことでしたが、誰かの一言からの、単なる思い込みだった、っていう結末でした

自臭症っていうひとつの神経症らしいですけどね


誰かの一言がずっと気になって仕方がない

そんな方は多いと思います

わたし自身も経験があります

わたしは幼い頃から目が大きめだったのです

それで、小学校の頃、気の強い友人に「恐竜の目みたい」って言われたことがあります

わたしの目って恐竜の目みたいなのかな?ってすごく自信を失いました

いまだに覚えているのですから、当時は衝撃だったのだろうと思います

今となっては、なにかやきもちとかだろうと推測されるのですが、幼い頃は随分落ち込みましたね



誰かの一言って大きいのですよ

特に子供のころなんかは、純粋ですから、誰かが言っていることに疑いもせずに「そうなんだ」と受け止めてしまうのですね


幼い子や繊細な方は、傷つきやすいと思います

親や、身近な人が、傷ついた思いを聴いてあげたり、そっと共有してあげたりできればいいのですけどね

ただし本人が打ち明けないことには始まらないのかもしれませんから、話しやすい雰囲気や、信頼関係が大事になってくると思います


特に身近な人が掛ける言葉の影響は大きいです

毎日毎日同じ言葉を掛けていたら、確実にその子は掛けている言葉の通りの子になってしまいます

親御さんは可愛い我が子にはぜひ、いい言葉かけをしてほしいと願っています



いい言葉を使って、声を掛けたり、褒めたりすればいいと、頭では分かっていてもできない、と仰る親御さんも多いです

親御さんが自分自身を認めることが出来ないと、我が子のことも認めることが出来ないんですね

自分の子供も、自分と同じように考えてしまうから、なんだと思います

それから育てられたようにしか育てられない、というところもありますね


まずは自分自身のいいところに気付いて、ほめてあげるところから、出来るといいですね

簡単な事なんですけどね

なかなかそうすることが出来ない方も多いみたいです

コーチングではコーチからのフィードバックで、自分のいいところをどんどん認めてもらえ、気付けていけるようになりますので、そうなりますと自分自身が満たされます

自分が満たされるからこそ、誰かに与えることが出来るのですね

言葉みたいな簡単なものでさえ、相手を思って選んで伝えればギフトとして与えることができるのですね

お子さんに言葉のギフトを与え続けたら、自己尊重のできる子、周りに言葉のギフトを与えられる子になりますね


言葉一つで刃物にもなり、ギフトにもなる、というところだと思います

皆が良い言葉掛けができる社会って素敵だと思いませんか?

わたし自身も言葉のギフトを大事にしたいと思います



お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み