コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 白か黒、極端になる人は〇〇な人
 

白か黒、極端になる人は〇〇な人

2017/10/31 白か黒、極端になる人は〇〇な人
【Photo:近所の柚子?ミカン?の木が実ってきてました】

今朝は寒かったですね

昨夜も寒くてお布団を追加しました

これからますます寒さに向かっていきますので・・皆様も風邪などひかれませんようお気を付け下さい


さて、今日は白黒極端に考えがちな方について書いてみたいと思います

何を隠そう、わたしがそうでした笑

なので、過去の自分のことを書くように書いてみたいと思います


例えば、好き好き~!って言ってたのに、急に大嫌い!って言ってしまうとか。。

自分とさほど仲良くはない他人、オフィシャルな関係の人には言いたいことも言えないのに、身内や自分の好きな人とか、プライベートな関係の人には、暴言もはいたり「なんでわかってくれないの!」と拗ねたり、怒ったり・・・

白か黒か、はっきりしたくて、曖昧さが嫌なので、もういいや!ってなっちゃったり・・・

メールしたのにちょっと連絡が遅いと落ち着かないとか・・少しやり取りがうまくいかないとキレたり、全部捨てるとか・・


「極端になってしまう方」っていうのはわたしは「こころが不安定な方」だと思います

言い換えれば、曖昧さを受け入れる許容量、キャパがこころになく、余裕がないのです


人間社会、白か黒か、はっきりできる事ばかりでもありません

また、気持ちというものは複雑で、いいとか悪いとか、決められるものばかりでもなく「ここはいいんだけど、ここのところがちょっと・・」ってこともあるし一筋縄でスパッと語れるものでもなかったりしますしね

ですから、丁か半か!決めて!早くして!と言ったって、自分の思い通りに他人を操作できるわけではありませんから、現実社会では、その狭間、曖昧さをも受け入れていくことができないと、人間関係の維持そのものがなかなか難しくなってくるものなんですよね



先ほどの例で

>あんまり身近ではない人には言いたいことも言えないのに、好きな人とか自分のことを分かってほしい人には、暴言もはいたり「なんでわかってくれないの!」と拗ねたり、怒ったり・・・

と書きましたが、なぜこうなってしまうのか、という、そもそものところを感じ、意識して改善していかないと、根本解決になりませんね


例のような方は、どんな方ともうまくやれる自信がないんだと思います

自分にとって言える人、言いやすい人と、言えない人、という二極思考が邪魔をしているのかな~と。。

それは言い換えれば、「この人には気を許すけど、この人には気を許さない」と言っているようなものです

更にいうと、結局、自分のことを「分かってくれる人」と「分かってくれない人」という振り分けをすることで、自分のことを分かってくれない人にはコミュニケーションを諦めてしまっているのです

尚且つ、言いやすい人には、外で言えない分、ストレス発散とばかりにぶわーーと出てしまうんですね


世の中、たしかに自分と話の通じない人は確実にいますので、本当に話が通じない人には諦めも必要だとは思います

ですが、ここで言っていることは、話せばわかる人にも、コミュニケーションを諦めてはいませんか?ということなんですね

苦手な人の前だと言葉が出なくなってしまう・・ぐっと言葉を飲み込んでしまう・・・

そういうこと、我慢の積み重ねが、好きな人、心許してる人、言いやすい人にその分「ぶわ~っ」とぶつけてしまう、ということなんだろうと思います


今はできなかったとしても、どんな方にも、コミュニケーションが上手く行くようになれば解決できるんですよね

それには、やはり感情がキーになってくると思います

「苦手」「嫌い」と思いすぎることで、その人の前では言葉が出てこなくなるんですね


書いていて思いましたが、好きな人には言えない、って方もいらっしゃいますね

 

そういう方は「嫌われたくない」思いから、コミュニケーションが出来なくなってしまうのでしょう


「人に嫌われたくない」と仰る方も多いですが、人から嫌われない代わりに嫌な人とも付き合わなければいけない、という自己犠牲がもれなくついてくるんですよね笑


わたしは最近は、わたしとご縁あって接するいろんな方にも、なるべくなんでも伝える事をしていってみています

それは、わたしは自分を大事に思うからこそ、わたしと接する方のことも大事に思うから、やはり自分の思いを伝える事で、さらにお互いいい関係を築いていきたい、という、相手を信頼してのことです

そこで、伝えてみて、もしも伝わらなかったら、「仕方ないな~」と思っています

残念ですけど、わたしを大事に思うことが一番であり、自己犠牲にはしたくないので、やむを得ないわけです

その時伝わらなくても、人って変わりますし、タイミングというものもありますからね

そこで終わりとも思わないけど、相手を尊重し、言葉を尽くし、やることだけやったなら、あとは悔やまないです


そんな感じがわたしにはとても快適で心地よくて、人間関係に全く無理がなくて、今、こうなれてるのは、コーチングのお陰なんですよね

わたしも昔はとても極端な性質でした

でも、こころって、意識していけば、変えられるんです

メンタルって作れるんです

その方が、そうなりたいと思えるかどうか、だけです


お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み