コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
  1. 自分を生きていますか?
 

自分を生きていますか?

2017/09/04 自分を生きていますか?
だいぶ涼しくなりましたね〜

朝晩、肌寒くなって、タオルケット以外にちゃんと掛けないと寒く感じます


先日、日野皓正さんが学生にビンタしたという映像が報道されてました

それに対し、さきほど、ご本人がインタビューを受けているところを拝見しました

これは個人的感想ですが、まっとうな大人でよかったな〜と。。

まっとうな大人がいてくれて、まだまだ世の中、捨てたもんじゃないな、と、そう思いましたね


現に、ビンタされた当の本人の中学生が「自分が悪かった」と言っているみたいです

ビンタをする既成事実そのもの、ではなくて、「一人勝手な行動をすることが、いけないことだ」ということが、まさに伝わってる、ということですね

ビンタした目的は「やっていいこと、悪いことを教える事」だったろうと思いますから、伝わってる時点で日野さんの指導は成功しているわけです

当事者間でのコミュニケーションが成立している以上、外野が何を言う権利があるというのでしょうか

中学生が勝手な行動をしているのも映像には映っていましたし、わたしには、ビンタが悪意があるようには全く見えませんでした

ビンタしてもいい、と言っているわけでもなく、勝手にドラムを叩きつづける勢いからは、あのくらいのことでないと制止できなかっただろうとも思うんですよね

日野さんご自身と、「ビンタは体罰だ」という人とは、みている先、話している矛先の次元が違うのだと思うんですよね


世界的な演奏家はやっぱり違うと納得しました

あのような場合に、日野さんの立場だったとしたら、沢山の記者に「ビンタしていいのか」と責められたら、多くの方が「とりあえず謝っておこう」となるかもしれません

世の中に責められたら、多数決の数の差で、自分が悪いと思い込んでしまうかもしれません

他人に言われてすぐ変わってしまうような考えは、自分自身のしっかりした考えではありませんよね

ポリシーがあって、しっかりとした自分の中での考えがあった上でしたことであれば、他人にとやかく言われたくらいで変わるものではありませんね

周囲に責められても、自分の考え方、指導の仕方、中学生に対する思いを通してらっしゃいましたし、むしろ「お前らが文化を潰している」と仰いました

いやあ、日野さん、よかったです。。。よくぞ言ってくれました、という気持ちです

全くもって同感です。。。

みんな違って、一人一人いろんな考え方があって、個性が伸び、自由な発想、創作から、文化というものはうまれると思いますから「いい・悪い」の二者択一、画一的な考え方は、人を縛り付け規制する事にしかなりません

近年のマスコミの在り方にはわたしも疑問を禁じ得ませんので、今回、日野さんのコメントをお聴きして、何か非常に気持ちがスッキリしました

あまりにも、個人間のことに、首を突っ込んで、いいだの悪いだの、どうでもいいことをマスコミは取り上げすぎなんじゃないかと思うんですね

まあ、マスコミはそういうお仕事ですから、立場的に仕方がないのかな、というわたしの中で情状酌量的見方もなくはないですが

最近のマスコミは、世の中に悪影響しか及ぼしてない気がします


人のことに首を突っ込めるのは、はっきり言っちゃえば暇だからだと思います

わたしは2011年3月に、東日本大震災を仙台で経験しました

あの時は、みんなが、生きることに必死でした

今日食べるものもなくて、お店では5時間並んで買えたのは一人5点まで、チョコレート菓子を身近な人同士分け合って食べたり、自販機でも買えなかったので、飲み物も摂れず、ガソリンも買えなかったようですから、車でどこかに行くことも出来ず・・・自分が生きている間にこんなことってあるんだ、とすごく感じました

戦後の日本ってこんな感じかな?と思いました

みんなが生きることに真剣でした

あのころは、人のことや、なりふりなんて構ってられなかったですね

だから、現在は平和すぎて暇なんじゃないかなって思います

わたしもそう言いながら観てるのですから、ある意味わたしも一緒やと思います、わかってますけどね


自分の人生を真剣に生きていたら、他人のことをとやかく言っている暇はないんですよね

暇はないというより、首を突っ込んだところで、自分にとってなにも関係がないことだから、関わること自体が全く無意味なんですよね

自分の人生をよくしていこう、と思ったら、やるべきこと、感じ、考えるべきことはいっぱいです

自分から目をそらしていると、他人のことをとやかく言いたくなるんじゃないかと思うんですね

「自分」を生きてたら、そんな暇はないんだと思いますし、他人にどうこう言われても、全く関係がないのです

日野さんのように、ですね

ぶれてないな〜かっこいいなと思いました



震災の経験は、本当に自分にとって大きな経験でした

あの時のことは一生忘れずに、いつでも「自分を生きたい」と思いますね






お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み