コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 開き直ること
 

開き直ること

2017/08/22 開き直ること
本日は、コバエがうるさいです

すごくわたしは好かれているみたいです笑

腕などに寄ってくるので、容赦なくパチって叩くのですが、ただただ叩かれたわたしの腕が痛いだけで、さっぱりしとめられません

悲しい事実です


いつもわたしのコーチにセッションしていただくときに、一週間の出来事を聞かれて、始まるのですが、自分のお仕事の話から、話していって、そのあとコーチ自身の体験談などもお聞きしています

「僕もいままでに3〜4回は「もうだめだ」と思うようなことがあったけど、どうにかなっちゃうんですよね」といつも仰ってて、そんなもんなのかな〜ととても勇気づけられています

この「どうにかなっちゃう時」っていうのは「開き直った時」らしいんです

あきらめ、でしょうかね〜


開き直りって、ふてくされて、他人に対し開き直るのとは、訳が違っていて、この場合の開き直りは、自分のことについての開き直りについて言っています

 

開き直りって、一見投げやりに聞こえるかもですが、すごく前向きなことなんじゃないのかな、って思うんです

【どんなことであっても、全部を受け入れること】、なんだろうなと思うんです


「もうなんとでもなれ!」と思う時って、やることはやってても、結果が出てない時だと思うんですよね

やることはやってるんだったら、あとは、運を天に任せる、じゃないですけど、信じるだけ、ということなんでしょうね〜

そのときにあきらめる、というか、「こうしたい」「こうなったらいいな」などを捨てる、手放すことなのかなと思ったんです

そう考えると、「こうなりたい」ということが、結果に対する執着になってるのかもしれないなあと思いました

「仕事が上手く行けばいい」「お金がもっと入ったらいい」とこころが思ってしまって、そのことに、きっと、とらわれ、しがみついてるんですかね〜


自転車を乗る時って、何かにつかまってたらスムーズに進まないですもんね笑

例えるなら、そんな感じなのかも?と思いました

スケートだって、怖い怖いいうて、手すりにつかまってたら、すいすい滑れないです

もしかしたら「開き直ること」ってそんなことに似ているのかな〜?なーんて思いました

日頃から、目に見えない流れに乗ることがすごく大事だとわかってはいるんですが、怖い怖いとしがみついて流れを止めてるのは、ほかでもない「自分」なんですね

わかってはいるんですが、、、しがみつきたくなりますね


慣れていないんだから・・・たまにしがみついても、いいですよね〜?笑

「開き直らなきゃ」「開き直らなきゃ」って思ってしまったら、今度は義務になってしまって、違う意味で上手く行かないんだと思います

こころって、難しいですね・・・


手を離す練習は、うまくいくこと、イコール、成功体験から感覚を掴むことしかないんだ、と思うんですね

開き直ってみて、うまくいったら、その感覚を覚える

そして、手を離して、スイスイ流れに乗ることが出来るようになるんですかね

練習が大事かな??

わたしは結構大胆なほうなので、なるべく手を離して流れに乗ってみて、方向修正していけたらいいなあ。。とは思うのですがね


結局、開き直ることって、「決意」、「覚悟」、「受け入れ」なんだろうなあ〜と思いました

ズッデーーーーんって転んでも、しらばっくれて涼しい顔をしているのは得意なので、いっぱい転んでもいいかなとも思います笑

失敗はそこで止めたら失敗ですが、うまくいくための経験でしかないですし、ね

痛くない転び方を習得するのも、大事かなあ。。。笑


お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み