コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 断る勇気
 

断る勇気

2017/08/12 断る勇気
今日は幾分涼しい京都です

クーラー掛けずに窓を開けています

わたしの故郷は宮城なので、実家やお友達に聞いたら、長袖着てるくらい涼しいそうなんです

13〜15度くらい違う様で、同じ日本でもそんなに違うのか、と驚きました

こちらは幾分涼しいと言っても蒸し暑く、やはり夏は暑い暑いといいながらも夏らしい方がいいのかな〜と思っているわたしです

セミの鳴き声が鳴り響いております


突然ですが、断りたいのに断れない、ってことありませんか?

断ったらどう思われるだろう・・・

嫌われないか、関係が悪化しないか、と考えてしまったりありませんか〜


わたしにもこんなことがありました

息子が部活の部長になった時のことです

その部活のしきたりで、部長の親が親の会の会長をやる、という習わしだったらしいんです

でも、息子が高校二年の時、わたしはまだ公務員をやっていて、異動したばかりだったのですが、とても忙しい職場に異動になってたんですね

医療関係だったのですが、わたしは地域医療の担当で、震災後に地域医療が見直されて、需要が高まっていたため、国からの予算もどかどか来ていたんです

予算が来る、ということはその分お仕事も増える、ということで、事業の本数も以前の倍くらいになっていました

そんな状況でしたので、毎日夜8時、9時、10時と残業続きでした

ですから、親の会の会長なんて、絶対無理やし、お断りしたんですが、かなりしつこく「前例踏襲」を説得されました

でも、嫌われるの覚悟で受けませんでした

別な方にこちらからお願いして引き受けていただくことにして、そのことも伝えてなんとかご理解いただきました

息子には、「ごめん。お母さん絶対無理だから、やりづらいかもだけどお願いね」っていうことを伝えましたら、息子は「いいよ仕方ないから」と言ってくれました

前例踏襲で会長をやるよう、わたしに押し付けてきたお母さんは、平日の日中にわたしの知り合いのお食事処の予約のお願いなんかもメールでしてきていたので、「公務員は暇」っていう思い込みがある方だったんだろうなって思います

「忙しくてそんな暇ないので、申し訳ないですがご自分で予約してください」って返事しましたね

だって、付き合ってて、大変になるのは自分ですから、きっぱりお断りするしかないんですよね


その後、やっぱりやりづらいのはありました

やりづらい言うか、なんか私が行くと「しら〜っ」とした空気は感じました

でも、せいぜいその程度です

一応は皆さん大人なので、そこまで嫌な対応はなさりませんでした(一部あからさまに嫌な感じの人はいましたけどね・・・笑)

仕事も忙しい上に、親の会の会長も引き受けて、やれるような体力はわたしにはないです

身体を壊してしまってたと思います

現に、引き受けなくても、仕事で、体調を悪くしましたしね

どう考えても無理だったと思います


誘いがあった時に、「行きたくない」「できない」「絶対無理」と思ってるのに、断れなくて・・結局嫌々付き合うこと、ありませんか

 

いい人でいたい、嫌われたくない、っていうのは分かりますが、いい人でいても、嫌われるときは嫌われます

 

こころの声を無視して引き受けて、大変な思いをしたとしても、それは、自分が大変なことを選んだ、ということなんですよね

 

誰のせいでもありません

 

断れない、他人の目が気になる自分がいる、ということです

 

思ったことを言えない、主張が出来ない、自分がいる、ということです

 

 

わたしは仕事をしていたので、自分のいるフィールド、職場がある、という意味で、お母さん方に別に嫌われてもいいやって思えるだけ、まだましだったのかもしれません

 

仮にわたしが主婦だとしたら、どこにも逃げ場がないので、やっぱりママ友さんとか、塾の親同士とか、そんなところが居場所になってしまいがちなので、断りづらいっていうのはあるかもですね

 

でももし主婦だったら会長をやれてると思うので、今回の事例だとあてはまらないですね

 

 

無理をして相手に合わせるとかではなく、すごく大事なのが、やっぱり「自分の思いを相手に伝わるように伝える事」だと思います

 

言えない、断れない、と思うのは「上手く伝えられない」と思っているからではないでしょうか?

 

固くなってしまう自分、上手いように言えない自分、というように、自分に自信がないからではないでしょうか?

 

自信はつけられますし、コミュニケーションも自転車と同じで練習すればするほど上達していきますよ

 

 

断ることが、まずは悪いことではない、ということ、どうするかは自分で選べる、ということと

 

断ったあとのフォローを含めて、コミュニケーションさえ上手くやれるなら、怖いものなんてなにもないんですよね

 

嫌われたくもないし、しんどいのも嫌だし、って、全部が上手いようにいくことを願っても、土台無理なんです

 

自分を守るために、自分の思いを伝える事はものすごく大事ですね

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み