コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. こころの中の壁
 

こころの中の壁

2017/08/10 こころの中の壁
今日は日差しはさほどでもない、と思って、帽子を被らないで自転車で出かけたのですが、誤算でした

夏の紫外線は侮れなかったです

しかも日差しは少なくても熱風で、非常に蒸し暑いです


最近、全てにおいてとことんコミュニケーション次第だなあと感じております

言いづらいことも全て、質問、質問で、コミュニケーションをすることができます


他人と上手く行きづらい方は、コミュニケーションを避けて、先回りして勝手に想像しちゃってることが多いんじゃないかなって感じます

それはわたし自身、自戒を込めて感じるところですので書いてみたいと思います・・


例えば、何が嫌なことが起きた時に

「なんであんなこと言うんだろう?」→「きっとこう考えているに違いない」→「絶対こうなんだわ!(プンプン)」

・・・と、悪い風に捉えがちです・・・

お聴きすると、だいたいこのようなパターンに陥ってしまう方が多く見受けられます。。

想像の域だけで、思い込み、決めつけてしまってるんですね



苦手な人、嫌いな人ほど、コミュニケーションを避けてしまいたくなりがちなのですが、実はそれこそが誤りです

苦手な人、嫌いな人ほど、本当はコミュニケーションが絶対的に必要です

何故なら、苦手と感じる、嫌いと感じるということは、自分にないものを持っているとか、正反対な人だったりしますので、そもそもその人のことを理解するのが困難なのです

その上、「苦手」「嫌い」と感情が判断していると、どうしても悪い方向に考えてしまいがちなんですね

なので、コミュニケーションを避けない、止めない、諦めない、というのが、とても大切になってきます


コミュニケーションで大事なのは、質問です!

「なんであんなこと言うんだろう?」と疑問に思ったとき、まずは質問するんです

「こういうことですか?」と尋ねると、相手の真意が見えてくると思います

悪い想像が出てきた場合、その反対のことを聴いてみると、聴きやすいかもしれません

想像からの悪い感情が邪魔をして、「そんなことできないよ!」と思われるかもしれません

でも、聴いてみないと始まらない場合も結構多いです

勇気をもって聴いてみると、自分だけで想像を巡らせていたのとは、違う部分、考えが見えてきたりすると思います

だいたいそんなものですね、「な〜んだ」「始めから聴けば良かった」ってなる事は意外と多いです

そして、相手の口から直接聴けたことで、心理的にもすごく安心感に繋がると思います


思いこみ、決めつけというものは壁を作ります

思い込み、決めつけてしまうと「絶対そうに違いない」となってしまうのです

そうなると、本質的なものが見えなくなってしまいます・・・

自分自身のこころの中の壁なんですよね


自分を信じることは大切なのですが、それが過ぎると過信になってしまいます・・

特に、自分以外のこと、他人のことについては全て確認しないとわからないことばかりです

質問し、確認したうえで、相手から伝えられたことについては、例えば相手が言ってることと違うことを考えていたとしても、相手が言った以上は、それが根拠となりますので、相手から、その人の考え、答えを引き出すことはとても重要です

相手が言ってもいない、頼んでもいないのに、こちら側が先回りしちゃって、勝手に判断してしてしまうがために、関係性が上手く行かない、ということは、とても多いと思います

一見「いいこと」と思える事だとしてもそうです

親切心の押し売りになってしまいます

相手に負担を掛けるという意味で、せっかくの親切も、余計なお世話になっちゃうんですよね


つくづく、思いこみ、決めつけは、気をつけなくてはいけないなあ〜とわたし自身思っているところでございます











お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み