コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 完璧主義の落とし穴
 

完璧主義の落とし穴

2017/07/06 完璧主義の落とし穴
最近は連日、松居一代さんがワイドショーで取り上げられておりますけど、なんか動画を見ると、どう見ても一方的に自分が被害者だと訴えたいんだな、っていうのが見て取れます

正直、ただ単に松居さんの家庭内のことですから、家で勝手にやってればいいと思うんですけれど、週刊誌に情報をリークしたりだとか、皆をけむに巻いて、一大事にしちゃってるところが、ある意味すごいなあと思います

旦那様がどう思うかだったり、観た人がどう思うか、などの視点が欠落していて、とにかく「可哀想なわたし」「裏切られたわたし」を知ってほしいと言わんばかりの涙の訴えでしたね

国会議員の豊田真由子様しかり、松居一代さんもですが、完璧に見えるけど、問題を起こす方は、やはり育った家庭環境に問題があったのだろうと思わざるを得ません

どうやら、自分は間違いないだとか、完璧、と思い込みすぎていればいるほど、視野を狭くして、相手をも見えなくさせてしまうもの、みたいですね


完璧なことが素晴らしいこと、ではないのですよね

完璧にしようとすると、本質的に大事な部分を見失ってしまいますよね

完璧主義な人っていうのは、完璧を求めるあまりに、ダメなところ探しが上手なのかなと思います

常に漏れがないか、間違いがないか、監視する人になってしまいますね


それが、自分の中でだけならまだいいのですが、そうもいきませんで、たいがい、周りの人にも完璧さを求めてしまいますから、周りも息苦しくなります

きっと、船越栄一郎さんだって、ほんとうに息苦しくなって、家以外に心安らぐ居場所を見つけるしかなかったんだと思うんです

だから、船越さんが家に居たくないと思わせてしまった責任は、他の誰でもない松居さんご自身ですよね

ご自身が、そこに気付けない限り、なにをしていっても苦しいのだろうと思います

自分が問題を作りだしてるのですから。。。


完璧主義になる人っていうのは、ダメな自分というものが許せないんだと思います

どこか、自分はダメだからこそ、完璧にしないといけない、という強迫観念があるんじゃないのかな、と思うんですよね

完璧にやってれば間違いないとか、非の打ちどころのない人が素晴らしい人、と、どこか誤った解釈をしちゃってるんじゃないかと思うんですね


どんな自分でもいいと、自分を許せないと、他人のことも赦せなくなってしまうんですね

完璧さばかりを求めると、ダメなところばかり目につきやすいですし、心休まらないですし、自分も周りも、苦しくなっちゃいますね

人間って、完璧でないからこそ、助け合って、補い合ったり、支え合えるのだと思います

ですから、完璧さばかり求めてしまうと、人のありがたみだったり、人とのかかわりの中での素晴らしい面を見失ってしまいますしね


松居さんにも「自分のこころ」に早く気付いていただけて、この問題が収束していったらいいなと思うんですけどね

難しいかもしれませんね

だいぶ攻撃性も強い方ですので、これ以上、悪い方向に行かないといいですが。。

愛する人を、陥れて、相手にダメージを与えるのですから、結局それは愛ではなかったんですね

どんどん周りを悪者にして、自分が自分を孤独に追いやって行ってるってことも、気付けないのかもしれませんね

ほんとうは、全ての問題っていうのは、自分の中にあるんです。。

被害者意識の方は、自分視点の一方通行でしか、物事見れないんですよね。。

少し観ていて可哀想でもあり、滑稽でもあります

一番得したのは、週刊文春さんじゃないでしょうか笑

皮肉にも憎い文春さんを批判という形で松居さんご自身が宣伝してあげてましたからね


人が素晴らしいのは、完璧でないからこそ、なんですよね

その人が、その人らしい状態で、自分を認めてあげられ、相手をも認めてあげられることが、なにより素晴らしいこと、なんですけどね。。。




お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み