コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 不幸自慢、続けますか?
 

不幸自慢、続けますか?

2017/06/13 不幸自慢、続けますか?
京都は薄曇りながら、晴れております

梅雨はどこにいっちゃったんでしょうね〜

晴れるのは嬉しいのですが、明らかに気候がおかしくなっていて、20年後30年後が心配されます


わたしは幼い頃など「自分は恵まれていない」と思って、自分なりにはしんどい幼少期を過ごしてきました

でも、コーチとしてコーチングセッションをはじめて、いろんな方と接してみて「わたしの家庭環境なんて全然可愛いもんだったんだな」と思います

様々なことで悩んでいらっしゃる方が世の中沢山いらっしゃいますが、それこそピンキリと言いますか、悩みはそれぞれ比べてみればぜんぜん違います

でも、他の人より恵まれているからいいだとか、比べたらまだましだから悩むこともない、とかいうことでも、ないんですよね

その人にとって、その人の人生にとって、ほんとうに辛く、しんどいことであり、それは紛れもなく、その方にとってそう感じることが全てなのです


わたしが自分はぜんぜん大したことなかった、と、わかってよかった、と思えたのは、「他人と比較して自分はまだましだったからよかった」ということではありません

世の中をもう少し広い視点で眺められ、大きく捉えられるようになれたことがよかったことなのです


わたしは昔は、父親がいなくて、貧乏で、母は自分のことで精一杯で病弱だし、誰も構ってもくれないし、進学したくても進学も出来ない自分を「不幸な自分」と思っていました

可哀想な自分、と思うことで、「不幸なわたし」というセルフイメージを強力に持ち続けていました

そして、なにか、不幸で恵まれていない自分というものを「不幸自慢」していました

「わたしってこんなに大変だったのよ」

「わたしなんか、こんなだったのよ」

・・・と、なぜか良くない状況のトップオブトップに君臨したがるような、そんなところがありましたね笑


ほんとうにおかしなことだったと、今となっては思います

悲劇のヒロインになって、「かわいそうな自分」だから「こんなわたしってかわいそうでしょ?」って、知ってほしい、理解してほしかったんだと思うんです

意識的にやってたら怖いですけどね  

もちろん、無意識に、なんですよ


「不幸自慢」してる方って、意外といらっしゃるかな〜と思いますね

「不幸な自分」というレッテルを、アロンアルファーで強力に自分のイメージとして貼り付けてるんですね

でも、それって要りますかね??

「不幸な自分」というイメージでいると、不幸なことを無意識に選んでしまうのです

「不幸な自分」というものにあったものしか、選べないんです

なにか慣れ親しんだ不幸な世界でないと、居心地が悪くなるのです


わたしは「不幸な自分」というものをコーチングによって意識的に捨てました

要らない自分のイメージを捨てて、本当の自分を知っていって、ニュートラルな自分のイメージに書き換え、「自分はどうなりたいか」なりたい自分に近づけるように行動し始めました

そうしてから、人生がほんとうに変わってきました


部屋や洋服、要らない物を片づける時、「断捨離する」といいますが、人生を変えていきたいとき、こころの中の要らない物も意識的に断捨離することが必要です

意外と、自分のことって、考えているようで、奥深くまでは考えていない方がほとんどです

ここまで深く自分のことを考えたことなかった、ってコーチングを始められると、皆さん一様に仰いますね

ほんとうに深く自分を知って、思い込みも外していくので、変わっていけるんです

全てにおいて意識的に生きていくことで、360度色鮮やかな感覚で、しあわせを実感できるんです

お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み