コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 経営者、幹部など、トップの人に必要なメンタルとは?
 

経営者、幹部など、トップの人に必要なメンタルとは?

2017/04/08 経営者、幹部など、トップの人に必要なメンタルとは?
しとしと雨の降る京都です

桜の見頃を迎えたばかりなのに、ここにきて雨続きで、散っちゃうのではないかと心配です

もう少し長く楽しみたいので、桜さんにはもう少々踏ん張っていてほしいところです

桜さん、なんていうと、寅さんのマドンナみたいですね笑


先日、今村復興相が激高してるニュースを観ました

いい大人が、、、あらららら、、、と思いましたが、今村復興相の激高シーンばかりがフューチャーされて、肝心な報道内容がなんなのか、さっぱり伝わってませんでした

調べましたら福島第一原発事故に伴う自主避難者の帰還関連みたいですね

わたしも東日本大震災時は東北に居ましたので、その内容に関しては他人事ではないのですが、今回は今村復興相もやっちゃった、怒り、「負の感情」について書きたいと思います


本来、感情にいいも悪いもないと思うんです

怒ることも誰でも当然あるし、意に沿わないことで、ムカッとしたりは当たり前の感情ですね

でも、「怒り」が何故良くないのか、と言うと、良くないことが何点かある中の一つとしてあげられるのが、怒りを相手にストレートに向けた時に、「相手が憎い」という一点に意識が集中してしまい、物事の本質だとか、大事な部分がダダ漏れやし、隙だらけになってしまうことですね

本当に大切なことは、他にあるはずなのに、相手を責める意識だけが、優先されてしまいます

要するに、たった一人の人のために意識を使ってあげてるということですね笑

恋愛で盲目になるのと、ある意味一緒やということですね

良くも悪くも「オンリーユー」状態です。。。

これでは、やはり、一国の大災害後の復興を担う復興庁のトップとしては、芳しくないかな〜という気がいたします。。


昨夜、わたしのコーチにセッション頂いたときに「コーチ自身が、いつでも最高の自分でいることが大切」と仰っていただきました

いつでも気分よく最高の状態でいられることが、ひいてはクライアントさんの状況もつぶさに細やかに全体から把握して、どの角度からも鏡になることができるということですね

なるほど〜これは深い、と思いました

コーチ自身が何か気になることがあったり、囚われがあると、そこが盲点になって、クライアントさんを映す鏡としても死角になるんですよね


さきほど、わたしは友達と会ってて、セッションに間に合うよう帰宅し、珈琲が飲みたかったので、あたふたと珈琲を淹れようとして、ポットに水を入れようとしたとき、キッチンの上に洗って置いてあったスロージューサーの部品をどさどさシンクに落としてしまいました

早くしないと、という焦り、これこそが、ジューサー部品を見えなくしていたんですね笑

だから、「泣きっ面に蜂」という諺がありますね、不遇な時に追い打ちを掛けるように不遇なことが起こる、という喩ですが、結局、不遇な状況になって、自分自身、マイナスな感情にばかり目が向いて、周りが見えなくなってしまっている状況から、隙や盲点が出来て、また新たな不遇に遭ってしまうんですね

いつでも、全体を見渡せるような視点を持ってさえいれば、失敗があったとしても、すぐ浮上できますし、経営者の方や、組織の幹部の方など、責任が重い方、沢山の方を指導する立場の方ほど、持っておくべき必須のメンタルかと思います

そのような立場でない方であっても、いつでも冷静沈着、客観性をもって、物事を俯瞰してみられるようなれると、あらゆることが驚くほど好転するし、改善していきますよ







お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み