コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 条件付きの愛
 

条件付きの愛

2017/03/31 条件付きの愛
【Photo:近所に咲いていた白い鈴なりの可愛い花。調べたら「馬酔木」というらしいです】


今日は2017年3月31日

TVでも、番組出演者の入れ替わりで、花束もらって最後の出演を飾ったりしています

もう年度とか、暦もあまり関係ない生活になってしまったので、なんとか周囲からの情報で年度末を実感したりしています

ボケがひどいので、曜日を間違えて待ち合わせ場所に行くこともあったりして、「やっちまったな」と思うのですが、「せっかくだからギャラリーに観に行こう」等と、すぐに気持ちの入れ替えがしちゃえるので、あんまり実害ないので、懲りてないんですよね笑

曜日感覚が直る見込みは薄いかもしれませんが、ただいまは週末にクライアントさんのセッションが立て込んでいるので、なんとか一週間の締めは分かるようになっています


今日は「条件付きの愛」「条件付きの関係」について、書いてみます


○○してくれたら、あなたを愛します

○○であるならば、わたしはあなたを応援します


といったように、○○がある場合にあなたはOK、言い換えれば〇〇がなかったらNG、わたしは知りませんよ、というようなことが「条件付きの愛」です

意外と親子関係においても、親が子供に期待するばかりに、無意識にそのような言い方をしている例も少なくないようです

ちゃんとお片付けしないと、ダメな子だよ、とか

いい点数を取らないと、遊ばせないぞ、とか

いい大学に入らないと、認めてやらないなど、

親が、子供が可愛いからこそ、頑張ってほしいからこその言葉なのでしょうが、子供は「そうできない自分はダメな人間なのだ」「そうできなかったら愛されない」と思ってしまうんですね


愛するが故であれば、非常にもったいないことだと思います


実は、伝え方ひとつで、変わるんですよ

コツはYOUメッセージからIメッセージへの切り替えです

「〜してはダメ」「こうでないといけない」と制限するのではなく、自分の気持ちを伝えるのです


先ほどの例でいえば

「お片付けしてくれたらお母さんは助かるな〜」

「お母さんは○○ちゃんがいい点数を取ってくれたら、凄くうれしいよ」

「大学に入ったら、お母さんはすごく安心だから頑張ってほしいよ」

などですね(^^)

そうなると、お子さんは、大好きなお母さんが喜んでくれるのだから頑張ろう、と自然に思えると思います

どんなときにも、その子を支えるよ、いつでも味方だよ、ということが伝われば、お子さんはいつでものびのび、すくすくと愛されている実感をもって育つと思います


親子関係でなくても、条件付きの関係になっている場合がありますね

恋人、パートナーなど、所詮は他人ですからね、、、親子関係より条件付きが出やすいのかもしれません


「わたしを愛してくれなかったら、わたしはあなたを愛せません」、とか

「好きでいてくれるあなたが好き」などですね。。


「あなたが浮気をしたら、わたしはもう別れます」っていうのは、条件付きの愛になってしまうのでしょうね。。。

「浮気したら一緒にいれるわけない、当たり前でしょ」っていう声も聞こえてきそうですが、、、


本当に愛し合っていれば、まず浮気もしないかもしれないし、そもそも条件付きで相手を見ている、というところが、盲点、相手との隙間なのかもしれません

本当の愛は無償の愛です

あなたがどんな状況であろうとも、わたしは愛する、ずっとそばにいる、というこころの状態です

無償の愛。。。自分を信じ、相手も信じる、ということは、そのくらいこころの結びつきが深くなるほどのコミュニケーションも重ねないとそうなれないと思うので、なかなか難しいものかもしれません


親子関係でいえば、自分の子は自分のDNAを引き継いだ唯一無二の存在で、かけがえのない存在だから、無償の愛になるのだと思いますから、恋愛関係、夫婦関係においても、相手を「かけがえのない人」と思えた時、また、「損得の意識」から脱出できたときに、無償の愛は可能になるんだと思います


条件付きの関係は、条件が合わなくなると、関係そのものが壊れます

条件が、関係性を縛り付け、不自由にし、お互いが気に入られようとして、いい自分を演じようとしてしまいます

いい自分=自分以外の何者かにならないといけない、と、どこか自己否定しちゃうんですね


わたし自身は、不自由な人間関係が好きではないので、条件付きの関係になるべくならないようにしています

できるだけ自分が一緒に居たいと思う人、フィーリングが合って好きな人、リラックスできる人といる時間を増やすようにしています

一緒にいるだけで楽しいし嬉しい、それ以上の期待もなにもないから、関係性が壊れようもないんですね

好きだから応援したいと思うし、喜んでもらえたら嬉しいから、自然にいろんなことをしてあげたくもなるわけで、それ以上も以下もありません

一個人同士、代わりがいないから、関係性そのものの枠にも囚われません

リラックスして、ありのままでお互いにいるだけで、幸せを感じます


社会的なこと、ビジネスにおいては、難しい面もあるかもしれませんが、損得抜きで付き合える人がいればいるほど、豊かな人間関係が築けると思うのです

それには自分が見返りを求めず、与えられる人になることだろうなって思います

わたしもそうでありたいです

日々精進して「愛の人」になっていきたいです


お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み