コーチングで悩みを解決!セルフコーチングを身に付けると、一生思いのままの人生を生きられるようになります。あなたの才能が目覚め、自分らしさ全開で、成功への道を歩み始めます。
京都市下京区中堂寺南町134番地
  1. 「傾聴」一つで関係が変わる!
 

「傾聴」一つで関係が変わる!

2017/03/21 「傾聴」一つで関係が変わる!
【Photo:先日滋賀のロイヤルオークホテルで中華料理をいただきました。とても美味しかったです】


朝から体調が悪かったのですが、お昼寝して少し復活しました

大好きな珈琲も、体調悪いときは全く飲みたくないのが不思議です

やっと復活したので、お気に入りのカップに珈琲一杯を淹れ、飲みながらゆっくり書いています


最近、わたし自身、色々なところに参加して、出会いも沢山あって、いろんな方とお話しする機会が増えました

会話する、コミュニケーションをとる、と聴くと、何を話そうか?どう表現しようか?ということが先に立つと思うんですが、自分から発信することだけがいいとも限りません

むしろ、気持よ〜く聞いてくれる人は、それだけでポイント高いです

だから、わたしは話すことが苦手なクライアントさんにも「にっこり笑って聴いているだけで好かれますよ」と話します


「聴く」という字は、部品をばらしていくと、耳と目と心が入っていますね

耳と目、要するに五感を使って心から聴いていくことが「聴く」なんですよね


わたしは、実は僭越ながら、他人から「ここまで話すつもりもないのに話してしまった!」と言われることが昔から多いです

以前はなぜなのか?わからなかったのですが、コーチングを習ってみて、なんとなく無意識にコミュニケーションにおける「聴く」が出来ていたのだなぁ〜と思いました

ただ「聴く」だけではなくて、今では「傾聴」についても理解を深めました

コーチ養成講座も受けて、意識して使おうとして使っているわけでもなく、自然に傾聴はできるようになっているようです


「聴く」と「傾聴」は違うんですよ

何が違うのでしょうか?


傾聴とは、聴きとる姿勢が相手に伝わること、なんですね

聴く準備が出来てますよ、貴方の話を聴きたいですよということを相手に知ってもらう必要があります

それには、言葉で伝えること、ではないんです

言葉以外の部分、非言語=ノンバーバルコミュニケーションが非常に重要になってきます


傾聴の基本は

1 アイコンタクト

2 ほほえみ

3 うなずき

4 相槌


よくいらっしゃるのが、相手と目を合わせない方ですね

非常にもったいないな〜と思います

照れ屋だったり、恥ずかしいのかもしれませんが、目を見てくれないと、なにか嫌われてるのかな〜なんて思ってしまいます

ポイントポイントでアイコンタクトをすることは、結構重要です


あとは相槌が出来ていない方も多いです

相槌というのは「なるほどね〜」「そうなんですか?!」「さすがー」「すごい!」「それで?」といった、簡単なものから、オウム返しと呼ばれるものまで、幅広く存在します

聴いてはいるのでしょうが、相槌がないと、聴いているのか聴いていないのか?どう思ってるのかわからず、話がシラケてしまいます

相槌の打ち方で、相手の反応は全く変わってきます



傾聴の基本を知って、相手に心を開き、好意的に「貴方の話を聴かせてください」と喜んで聴く=傾聴が出来るようになった時、ただ聴くだけで、どんな人からも、好かれるようになり、ビジネスにおいてもスムーズにうまくいくようになります


















お悩み、お聞きします。

まずはお気軽に無料体験コーチングをお試しください。


e-mail : prefe.m2016@gmail.com

電話番号:075-755-4150

所在地 :京都市左京区一乗寺東浦町56 A-101
無料コーチングお申込み